“いま”薬機法と景表法を知っておくべき明確な理由!実は「投資」なんです!

薬機法と景表法って
ぶっちゃけそんな必要ないよね?
と思われているかもしれません。

結論から言えば、今こそ必要です。
薬機法と景表法は100%理解することは難しいにしても、
ある程度の理解までに時間がかかることは間違いないです。

でも、それだけでは覚える気分にはならないと思います。
私が実際にそうだったように、重い腰を上げたのには理由があります。

もちろん薬機法や景表法は会社を守る
という位置づけで、保険のような感覚を持っているのではないでしょうか?

本来は、法令遵守という意味で絶対に必要ですが…!

ただ…もし、薬機法と景表法を知ることで
仮に審査落ちをやってしまうにせよ、
毎月たったの1営業日だけでも
広告が多く回せるとしたらどう思いますか?

人気の広告媒体は審査が厳しい!


人気の広告媒体
「Yahoo」
「SmartNews」
「LINE」
「Facebook」
「Instagram」

これらの媒体は自社の記事LPだけではなく、
広告主LPも審査の対象になります。

仮に薬機法や景表法を知っていたら
対象広告が違反をしているか否か、
その商材が配信できるか否か、修正が必要なのか?
ある程度の判断が可能になります。

違反広告の場合、
Facebookだと記事LPが大丈夫でも
広告主LPがダメになると、一緒にNGを食らって
最悪の場合、アカウントを削除されますよね…。

何が言いたいかって
そもそも、商材LPを見た時点でこの商材が横展開できるのか
できずに特定媒体でしか配信できず、
スケールができないか判断をすることもできるのです。

これが事前に判断できるわけですよ。
後になって、この商材が○○媒体で出せない…
取れるのに展開できないのが悔しい…

という経験はありませんか?

個人的には
この判断ができるだけで
薬機法と景表法を学習する価値は十分にあります!

この判断ができると
結果的に、売上が大きく変わってきますし、同じ商材が横展開できるとわかれば
効率よく売上、利益を伸ばせる可能性が高くなるのはご理解頂けると思います。

ここがポイント!!

薬機法・景表法を学ぶ気がなくても
これは知っておいてほしいです。

仮に薬機法と景表法を少しでも覚えて、
審査をしっかりとクリアして
広告を回せる期間が1日増えたらどうでしょうか?

これはご提案になりますが、
弊社の薬機法かけこみ寺サービスは
最低金額19800円/月で質問し放題
セミナーも受講でき、動画も視聴し放題です。

①19800円を払わずに広告が1日停止している
②19800円を払って広告が1日多く回る

これはどちらが得なのか損なのか
人によって判断はまちまちだと思いますが、
弊社だったら確実に②の方が結果が残せます。

しかも薬機法のプロフェッショナルを
抱えていらっしゃる法人なら分かると思いますが
19800円というコストで1ヶ月サポートが受け放題って考えたら
ありえない価格だと思いませんか?

アルバイト、一人の人件費でももっとかかりますよね。
そのくらいの低コストですが、
内容はプロフェッショナル・オブ・プロフェッショナルです。

これから薬機法と景表法は
ますます厳しくなってきますので
学んでる学んでないだけで

他社代理店・アフィリエイターに
大きく差をつけられてしまうことになります。

もうご理解頂けたと思いますが、
薬機法と景表法はネガティブなものではなく
ポジティブな要素を含んでおり、
ここにお金を使うことは浪費ではなく
完全に投資、という考え方になります。

広告は完全に投資したもの勝ち
というのは経験から分かっているかと思いますので、
薬機法と景表法をちょっとでも覚えて頂き
売上や利益をもっと伸ばしていただければと思います。

薬機法や景表法に関わるサービスをしっかりと比較してもらって
使ってみてください。

どれが良い悪いではなく
あなたにマッチしているかどうかが大事です。

弊社のサービスは
超大手の広告代理店D社、H社を担当する
スペシャリスト江良さんと広告代理店をやっている弊社の

薬機法プロ×広告代理店

この2つの視点からコンテンツを作っていますので、
WEB広告に携わっている方には、
ピッタリのサービス&費用だという自負はあります。

ぜひ、薬機法かけこみ寺を活用してみてください。
最大10日の無料期間がありますので、安心して試してみてくださいね!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 薬機法・景表法を知らないで100万円の損を経験した話

  2. 薬機法かけこみ寺「知恵袋」の使い方

  3. “いま”薬機法と景表法を知っておくべき明確な理由!実は「投資」なんです!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP